初めて雪景色を撮ったハナシ

1月後半の週末、カメラ仲間と山梨に旅行に行った来た。目的は星撮り。しかし天気は曇天。星一つ見えなくて、雲の主張がものすごかった。まあ、そんなこともあるよねってことで割と写真は諦めモードだったのだが急展開。雪景色が撮れたのだ。実はカメラを買ってから雪景色を撮るのは初めて。今回はそんな、カメラで初めて雪景色を撮ったハナシ。

次の日に朝日を撮りに行く予定だったので、5時ごろには起きていた。続けて起きてきたカメラ仲間が、雪が積もっていることを教えてくれた。窓の外を見ると普通に雪。割とマジで雪。パラつくかな程度の気持ちだったので、普通に雪で笑った。

富士五大湖の一つ。精進湖

今回、雪景色を撮影したのは富士五大湖の一つ。精進湖(しょうじこ)。西から2番目、東から4番目にあたる。富士五大湖のなかでは一番小さな湖。朝日の角度が、この時期だとここがベストということで、元々ここには行く予定だった。

そんな訳でいざ、精進湖へ。久しぶりの雪道運転が楽しかったのは秘密。自分が轍を作ったのは久しぶり。精進湖の近くの駐車場に到着。

昨晩から止まっていたであろう車のみ、今朝来たであろう雪が降ろされた車はいなかった。そりゃそうじゃ。さすがにこの時間じゃ貸し切り。

ストロボを使って

早速一枚。ストロボを使って撮ってみた。ずっとやってみたかったやつ。

これはあり。Amazonで適当に買った安いストロボ。それをまあ適当にパパーっと焚いて撮った。細かい設定なんて知らん知らん。フィーリングだフィーリング。

そんなわけで、ここからの写真のライティングは適当の極み。

雪の積もったボートは幻想的

木には強めに当ててみた。

もちろん普通にも撮ってみた

静寂。雪がすべての音を吸い込んでしまったみたい。

まあ、私がしゃべっているので静寂ではない。笑

芽はまだ膨らんでいない。春はしばらく先みたい。

 

雪景色を撮るのは、めちゃんこ楽しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です