色鮮やかで暖か味のあるフィルム「Kodak PORTORA800」で撮ってみた!のハナシ

kodak PORTRA800

今回使用したのは、PORTRA800というKodak社から販売されているカラーネガフィルム。たぶんフィルムやってる人ならほとんどが知ってるんじゃないかなってフィルム。お値段は2000円前後と結構お高め。

色鮮やかで暖かみのある色合いが特徴のフィルム。程よいノイズが、フィルム写真の良き雰囲気を演出してくれます。淡すぎずかつ鮮やか過ぎず、オールマイティーに撮れちゃう子です。

実際に撮ってみた

カメラは「Nikomat ft」。今回は江の島灯籠を撮影してきた。

まずは夕暮れ時の湘南港灯台周辺を・・。

わりと明るい時間でもしっかり映った。この色味たまらない。

 

陽が暮れてきたので、いざ江の島灯籠。

ここまでの暗さになるとノイズがノイズするけど、私はザラザラしてるのが結構好みだから良き。

灯籠ちゃんたち。

灯籠の周りは結構な暗さだったんだけど、いい感じに映った。灯籠の暖色系の雰囲気をうまく表現してくれた。

使ってみての感想

初めてPORTRA800を使ってみたけれど、やっぱりロングセラー商品なだけあって、安定した映りだなぁってのが一番の感想。この暖かみのある色味は個人的にツボだし、ノイズ感もちょうど良き。いい味出してくれました。まあ、値段が値段なだけにあんまり手を出せないフィルムだけど、また使ってみたいな。反省としてはもうちょっと明るめに撮ってもよかったかなって感じっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です