ポジフィルムをクロス現像しっちゃったハナシ

ひょんなことからポジフィルムをクロス現像することになった私。今回はポジフィルム2回目にしてポジフィルムをクロス現像したっていう。そんなハナシ。

クロス現像とは?

ポジフィルムとネガフィルムは現像の工程が異なる。本当だとポジフィルムはポジフィルムの現像工程、ネガフィルムならネガフィルムの現像工程で現像するのだが、これを逆(クロス)にポジフィルムをネガフィルムの現像、ネガフィルムをポジ現像するのが「クロス現像」なのである。

ポジフィルムをクロス現像すると、めちゃくちゃ特徴的な発色をしコントラストのはっきりとした写真が出来上がる。この特徴的な発色はフィルムによって異なり、それぞれ強調されて出る色味が違う。赤が強く出たり、黄や味強く出たり、青や紫が強く出たりとフィルムによって様々・・・。

 

FujiのPROVIA100は緑が強くでた

今回私がクロス現像したのは、富士フィルムのPROVIA100。始めて私が使ったポジフィルム。使ったカメラはnikomat ft。現像は横浜駅にあるカメスズさんでやってもらった。

現像し出来た写真を受け取ってめちゃくちゃびっくりした。めっちゃ緑。緑。緑。(語彙力)グリーン、グリーン。

洋館街にあるレトロな電話ボックス。

 

 

ショーウィンドウは映画の中にいるみたいに

 

横浜駅構内も撮ってみた。いやエモかった。メトロポリタン風ってやつ。

東横線の地下通路のエレベーター。コントラストがはっきりしていて良き。

 

AMERICANEAGLEのキース・へリングTシャツ


五番街もこんなにエモく。

 

初めてポジ現像してみて・・・

ポジ現像にはずっと興味があったからめちゃくちゃ楽しかった。フィルムって現像するまで出来上がりがわかんないから楽しいだけど、ポジ現って出来上がりがほんとに全く想像できないから撮ってるときどんな風に映ってるんだろうって考えながら撮るのが最高に楽しかった。できあがった写真もすごく私好みの雰囲気で大満足。この映画の中のような色味はめちゃくちゃ好みだった。

どうやらポジ現すると青が強く出るフィルムもあるらしく今度ぜひ使ってみたいなぁ。これはより深く沼にはまっていってしまいそう・・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です